« 沖縄・摩文仁の丘 | トップページ | 流山・ヂンガラ餅行事 »

2010/01/08

匝瑳・栢田仁組獅子舞

匝瑳市(旧野栄町)栢田地区で行われた仁組獅子舞を撮りに行きました。

100108毎年1月8日,仁組地区の初茶飯の祝い日に五穀豊穣・無病息災を願い,獅子が地区の各戸を悪魔払いして歩きます。

二人立ちの獅子舞で,演目は「平獅子」「鳥刺し」「和唐内」「釣り玉」「梯子獅子」「狂い」があります。伝承によると,天明年間(1781~1789)の飢饉で各所に疫病がはやった際,木戸地区(今の横芝光町)から獅子舞を習い覚えたのが始まりと云われ,県無形民俗文化財です。

午前8時半,稲荷神社に着くと誰もいません。地元の人に当番家を教えてもらいます。午前9時,当番家で安全祈願が始まります。水榊でお祓いし,御神酒を頂き,いよいよ村回りへ。軽トラックに大太鼓と獅子頭を載せ,舞い手とお囃子(笛2,小鼓5,太鼓1)は歩いて回ります。
獅子は,各戸の座敷に上がって舞い,悪疫退散を祈願します。数軒のお宅では玄関前で舞いました。終わると,家人の頭を噛んで無病息災を祈ります。今回,地区31戸のうち28戸を回り,午前11時半ころお開きとなりました。

機材はDX17-55/2.8G,VR70-200/2.8G,D300×2,ストロボはSB-800でしたが,望遠系は使いませんでした。反省点は,リサーチ不足。梯子獅子を期待して現地入りしましたが,今年は村回りのみ。保存会長さんの話では,梯子獅子は舞い手がおらず,毎年はできないそうです。昨年,神社に梯子獅子専用のコンクリート柱を建てたので,来年か再来年にはぜひ梯子獅子をやりたいとのことでした。
村回りで舞うのは平獅子で,1回の舞い時間は短いです。家の中で舞うので,シャッターチャンスも限られます。そのせいか,アマチュアカメラマンは私ともう一人,あとは市広報さんだけでした。
詳しく教えていただいた保存会長さん,舞い手のお二人,座敷での撮影を快諾していただいた地区の皆さん,ありがとうございました。

| |

« 沖縄・摩文仁の丘 | トップページ | 流山・ヂンガラ餅行事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 匝瑳・栢田仁組獅子舞:

« 沖縄・摩文仁の丘 | トップページ | 流山・ヂンガラ餅行事 »