« 多古・牛尾の蛇まつり | トップページ | 撮影機材の点検 »

2009/11/23

船橋・三山の七年祭り(大祭)

船橋・三山の七年祭り(大祭)を撮りに行って来ました。

091122旧下総の千葉市,八千代市,習志野市から,9社の神輿が7年ごとに船橋・二宮神社に集まる大規模な寄り合い祭りで,県無形民俗文化財です。室町期の文安2年(1445)ころから続く,安産祈願とその御礼の神事です。今回は,11月22日に安産御礼大祭,23日に磯出祭が行われました。産屋の神事をする磯出祭より安産御礼が先に行われるので,「三山の祭りは後が先」と云われます。

22日は昼ころから神揃場に各社の神輿が集まり始めました。神輿は,菊田神社(叔父役),八王子神社(末息子),高津比咲神社(娘),時平神社(長男),大原大宮神社(叔母),三代王神社(産婆),子安神社(母),子守神社(子守)の順に,二宮神社(父)へ昇殿に向かいます。
二宮神社では,各社が昇殿して安産御礼の神事を執り行います(写真は八王子神社)。その後,順に地元へ引き上げて練り歩きます。最後の子守神社の昇殿が終わるころには,すっかり暗くなっていました。
午後7時半,二宮神社の神輿が数キロ離れた幕張の磯出祭式場(御旅所)へ出発します。

23日は,午前2時ころから磯出式御旅所に子安神社(母),三代王神社(産婆),子守神社(子守),二宮神社(父)が集まります。午前3時ころから,灯りを消した中で童子の男女がハマグリを交換する産屋の神事が行われます。しばし待機したものの,午前1時ころから冷たい雨が本降りとなり,撮影を断念して帰路につきました。

今回の機材は,DX17-55/2.8G,VR70-200/2.8G,D300×2,SB-800×2でした。駐車場がなく,駅前から徒歩で移動。神揃場は一般は立入禁止で,有料の桟敷席は地元でも入手困難です。どこもすごい人出で身動きが取れず,冷たい小雨がぱらついてコンディションは最悪でした。
アマチュア・カメラマンも報道関係者もすごい数でしたが,アマチュアの撮影は困難を極めます。特に,ケータイやコンデジに加え,最近はデジ一眼のライブビューで撮る人が増え,脚立で高い位置から撮っても容赦なく写り込みますから,悩ましい時代となりました。

|

« 多古・牛尾の蛇まつり | トップページ | 撮影機材の点検 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 船橋・三山の七年祭り(大祭):

« 多古・牛尾の蛇まつり | トップページ | 撮影機材の点検 »