« 吾妻渓谷・八ツ場ダム | トップページ | 松戸・古式神幸祭 »

2009/10/03

D700の感度自動制御

ニコンD700の感度自動制御について,北村智史氏がデジカメWatchでレポートしていました。D300も同じなので,内容を引用してメモに残します。

091003【前提】感度自動制御をISO200,上限感度ISO6400,低速限界(シャッター)速度1/15秒に設定。各モードでカメラがどのように制御するかを実験。

【露出優先モード】1/15秒を下回ると,1/15秒をキープしたままISO感度がUP。上限6400でもアンダーになるときは,今度はシャッター速度が遅くなることで適正露出をキープ。

【シャッター優先モード】絞り開放でも適正露出が得られないときは,ISO感度がUP。上限6400まで上がってもダメなほど暗いと,素直に露出アンダーに。シャッター速度を下げて適正露出をキープすることはしない。

【マニュアルモード】ISO200~6400の間で,撮影者が設定したシャッター速度と絞り値で適正露出になるようにISO感度を調整。事実上のAEと同じ。200でも明るすぎるときは素直にオーバーに,6400でも暗すぎるときは素直にアンダーになる。

写真は,記事とは関係ありません。昨年末の北千住駅前にて。Contax G2+Biogon T* 28mmF2.8,フィルムはDNP CENTURIA400。

| |

« 吾妻渓谷・八ツ場ダム | トップページ | 松戸・古式神幸祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: D700の感度自動制御:

« 吾妻渓谷・八ツ場ダム | トップページ | 松戸・古式神幸祭 »