« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/27

旭・太田のエンヤーホー

旭市の太田八坂神社で行われたエンヤーホーを撮りに行って来ました。

090727江戸時代から続く五穀豊穣と子孫繁栄を祈願する神事で,八坂神社の祇園祭(毎年7月27日)の夜に行われます(県無形民俗文化財,国記録選択無形民俗文化財)。つく舞の一種ですが,ここでは人々の掛け声「エンヤーホー」(陰陽法)にちなみ,太田のエンヤーホーと呼ばれています。

午後4時ころ,現地に到着。神社で世話人さんに開始時刻を伺うと「神輿が還御してからなので,何時になるか分からない」とのこと。目安は午後8時ころだそうで,それまで地区内を練り歩く神輿やお囃子を撮りながら待ちます。

午後8時ころ,神輿が神社に戻ってきました。名残を惜しみ門前で激しく揉んだ後,還御。午後8時半,エンヤーホーが始まります。踊りは,青獅子,赤獅子→みみずく,鹿,鶴が畑を荒らす→ひょっとこ,おかめが子孫繁栄→旦那が登場します。踊りの間,周囲からは「エーンヤーホー」と独特の調子で掛け声をかけ続けます。

午後9時すぎ,曲芸舞の演者が到着。本来なら,ここで赤獅子の面をつけて津久舞柱に登り,曲芸舞を披露するところですが,このころ雨が土砂降りに…。結局,柱での曲芸舞は中止となり,おひらきとなりました。

今回の機材は,DX17-55/2.8G,VR70-200/2.8G,D300×2,SB-800でした。反省点は,雨対策を怠ったこと。ハンドタオルやプロテクトフィルターは用意していましたが,土砂降りでは役不足…。機材を濡らすのが気になって撮影に集中できないくらいなら,カメラ用のレインジャケットを用意すべきでした。
たくさんの見物人はほとんどが地元の人で,アマチュア・カメラマンも数人程度でした。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/25

多古・しいかご舞

香取郡多古町に伝わるしいかご舞を撮りに行って来ました。

090725江戸中期から続く豊作と雨乞い祈願の農民踊りで,八坂神社の祇園祭(毎年7月第四土日)に神社前で行われます(県無形民俗文化財)。今回は宵宮に出かけました。

午後6時半,神社前でお囃子(佐原囃子)が始まります。午後7時,フネ(特設舞台)の上段でしいかご舞が始まりました。獅子,鹿,マンジュウ(雨蛙)の面をつけた若衆が輪になって,床を踏み鳴らしながら回る素朴な踊りです。

午後7時15分ころ,猿の面をつけた年番町の人がスルスルと高さ12mの津久舞柱を登ります。張り出した横棒にぶら下がり,ブランコのように体を前後に大きく振ります。見物客から歓声があがる一瞬です(写真,クリックで拡大)。
横棒に吊した扇を投げ落とすものと思っていましたが,それはありませんでした。猿が柱を降り,獅子,鹿,マンジュウが一人ずつ舞台を降りて,午後7時半に終了しました。

今回の機材は,DX17-55/2.8G,VR70-200/2.8G,D300×2,SB-800でした。舞台が高く,踊りがよく見えないのが少し残念です。津久舞柱は電線と電柱に挟まれて立っている上,ナトリウム街灯でWBが引っ張られ,撮影条件はよくありません。野田のつく舞と違い,フラッシュ撮影が禁止されていないので助かりました。
たくさんの見物客が来ていましたが,アマチュア・カメラマンは少なかったです。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/24

野田・ばっぱか獅子舞

野田市に伝わるばっぱか獅子舞を撮りに行って来ました。

090724もとは大杉神社に元禄6年(1693)から伝わり,清水八幡神社の祭礼(毎年7月24日)の夜,神社境内の特設舞台で行われます。居合術,棒術,三匹獅子舞の3要素で構成され,下総地方の獅子舞の古い形態をよく残しており,県無形民俗文化財です。

午後7時から,地元小学校の郷土芸能部の発表があり,午後7時半から,地元保存会による居合術が始まりました。次いで棒術が披露されます。居合と棒術の実演は数分と短め。その後,三匹獅子舞が舞います。
腹につけた鞨鼓はやや大きめ。バチで叩く音が「ばっぱか」と聞こえるので「ばっぱか獅子舞」と呼ばれています。演技は,居合→棒術→三匹獅子舞と繰り返しながら2時間ほど続き,午後9時ころお開きとなりました。

今回の機材は,DX17-55/2.8G,VR70-200/2.8G,D300×2,SB-800×2でした。特設舞台は微妙な位置に欄干があり,演者の手もとや足もとを遮ってしまうのが残念でした。舞台左ソデから撮ると,背景にお囃子連のテントが写り込むなど,撮影条件はよくありません。純粋に郷土芸能の発表として見学に徹するのが吉かも知れません。
雨にもかかわらず見物人は多かったですが,アマチュア・カメラマンは数人程度でした。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/23

我孫子・古戸の里神楽

我孫子の古戸地区に伝わる里神楽を撮りに行って来ました。

090723古戸地区に江戸時代から口伝で伝えられる民俗芸能で,毎年7月23日の稲荷神社祭礼で神輿と屋台が地区内を回る際,屋台で里神楽が舞われます。中断時期もあったようですが,現在は地区83戸の皆さんが伝統を守っています(市無形民俗文化財)。

昼ころ,現地に到着。稲荷神社の鏝絵(こてえ)を見せてもらったり,近くの集会所で神輿を,天満宮で屋台を見せてもらいながら待ちます。午後3時,神輿が稲荷神社に入り,拝殿神事が始まりました。御霊入れの後,神輿は天満宮へ移動し屋台と合流します。

午後4時,地区内へ出発です。神輿の出発では,景気づけに狐が舞います。神輿の後を,子供たちに引かれた屋台がゆるゆると進みます。大人たちは,所々で手作りの酒食のおもてなしを受けながら,時間をかけて進みます。午後8時半,行列が集会所に戻って解散です。神輿が稲荷神社へ還御したのは午後9時でした。

この日の里神楽は,狐とヒョットコの舞でした。舞手は初老のお二人で,地区のこと,里神楽やお囃子のことなど,貴重なお話を伺うことができました。郷土芸能祭では,ステージで本格的な里神楽を演じるので大変だそうですが,村祭りならではの楽しい舞いを楽しめました。

今回の機材は,DX17-55/2.8G,VR70-200/2.8G,D300×2,SB-800でした。アマチュア・カメラマンは1人でした。詳しく教えていただいた氏子総代さん,世話役さん,差し入れのおにぎりや漬け物をいただいた地区の皆さん,ありがとうございました。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/22

君津・人見神社の神馬

君津・人見神社の例祭に奉納される神馬(おめし)を撮りに行って来ました。

090722人見神社は,君津や富津の海岸地域旧17か村の鎮守で,320段以上も石段を登った山の上にあります。夏の祭礼(毎年7月22日)では,神馬(おめし)という,350年の伝統をもつ神事が奉納されます。
豊漁豊作を祈願して,神馬が神社の石段を駆け上がり,拝殿に駆け込むもので,市無形民俗文化財に指定されています。

午前8時半,神社の裏坂道を登って人見神社の境内へ。午前9時,拝殿で神事が始まりました。拝殿前には参道の急な石段が下まで続いています。午前9時半ころ,山の下からお囃子が聞こえてきます。実は,このころ神馬が参道の入口で石段を駆け上がったようです。午前10時,石段から真竹を担いだ若衆たちが勢いよく上がってきました。神馬はというと,裏坂道から車で境内に運ばれて来て,御神域に繋がれました。

若衆と神馬がスタンバイすると,まず若衆が拝殿へ駆け込んで,鈴の綱を抱えて飛び出し,拝殿の周りを疾走します。次に神馬が拝殿に入り,ぐるぐる回って退出します。拝殿の中にまで馬を入れるのが,この神事の特徴です。神馬は再び御神域に繋がれ,鞍に大きな幣帛を飾り,午前10時半,三々七拍子で終了しました。

今回の機材は,DX17-55/2.8G,D300,SB-800でした。反省点は,リサーチ不足。神馬が「駆け上がる」のは,鳥居がある参道入口の石段部分のみで,後は車で裏坂道を運ばれて来ます。上まで馬が駆け上がってくるものと思い,山頂の境内で待っていたため,撮り損ないました。

平日の朝でしたが,地元の人がたくさん見に来ていました。アマチュア・カメラマンは数人程度でした。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/20

野田・武者土囃子

野田(旧関宿町)の木間ヶ瀬地区に伝わる武者土囃子を撮りに行って来ました。

090720武者土囃子は,地区の大杉大明神に170年以上前から続く民俗芸能です。神楽の影響を色濃く残した舞いと,江戸深川流のお囃子が特徴です。五穀豊穣,区内安全を祈願して,地区の20戸の皆さんによって毎年海の日に演じられています(市無形民俗文化財)。

午前11時,現地に到着。大杉大明神は木間ヶ瀬北交差点のローソン隣りにありました。世話役さんのお話を伺いながら開始時間を確認すると…,正午からの予定が急遽午後3時ころに変更とのこと。

ひたすら車内で待つこと4時間。午後3時ころ,慌ただしく準備が始まり,いよいよ開演です。今回の演目は「狐の種まき」でした。十二座神楽の演目と同じで,狐が畑を耕し,種をまき,収穫して餅をつき,ついた餅をまく内容です(ただし,実際に餅まきはありません)。舞い手は,先ほどお話を伺った世話役さんでした。85歳と伺いましたが,さすが年季が入った見事な舞いでした。途中で道化のヒョットコが登場して,20分ほどで行事が終了しました。

今回の機材は,DX17-55/2.8G,VR70-200/2.8G,D300×2,SB-800×2でした。境内に張ったテントの下で舞い,正面はローソン駐車場側です。見物人は地元の人が数人,アマチュア・カメラマンは3人でしたから,撮影の自由度は高いです。舞時間が短く,撮り逃した場面があって残念でした。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/18

酒々井・馬橋の獅子舞

酒々井町に伝わる馬橋の獅子舞を撮りに行って来ました。

090718馬橋の獅子舞は,江戸時代から地区の鎮守・香取神社に伝わる三匹獅子舞です。五穀豊穣,区内安全,悪霊退散,子孫繁栄を祈願して奉納され,町の無形民俗文化財です。

午後5時すぎ,万灯を先頭に獅子や下座連の行列が神社に練り込みます。演目は,「芝獅子」「へいそく」「猿獅子」「剣の舞」。雄獅子,中獅子,雌獅子が手で腹に付けた鼓を叩きながら激しく舞います。舞いは,芝獅子約50分→休憩1時間→へいそく約30分→休憩30分→猿獅子約30分→休憩30分→剣の舞約30分で,午後9時半ころ終了しました。
この獅子舞の特徴は,猿獅子に登場する猿とオカメの道化,それに剣の舞です。道化のユーモラスな舞いと,神剣を使った緊張した舞いが印象的でした。

今回の機材は,DX17-55/2.8G,VR70-200/2.8G,D300×2,SB-800×2でした。境内が狭いので,撮影位置は限られます。地元の皆さんが楽しんで観ているので,邪魔にならないように気をつけました。長丁場なので,シャッターチャンスは豊富です。ストロボは必須ですが,演者との距離が近いので光量には工夫が必要です。アマチュア・カメラマンは多かったです。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/12

千倉(平磯)の三番叟

平磯・諏訪神社までは1.5kmほどの距離です。
開演は午後3時の予定ですから,道の駅ちくら潮騒王国で昼食がてら時間調整します。この間に,ストレージに落とした忽戸の三番叟のカットをチェックし,平磯での構想を練りました。午後2時半,諏訪神社に移動。こちらは神社前に駐車場があって便利でした。

090712最初に出演者全員で記念撮影した後,午後3時半ころ開演しました。演目は忽戸と同じですが,呼び名が微妙に違い,千代の舞,翁の舞,尉(じょう)の舞(直面の舞,千歳との問答,鈴の舞)の3つでした。忽戸が「雨乞い」神事なのに対して,平磯は「台風除け」と云われています。

こちらも舞い手は氏子の長男で小学生です。舞いの難易度に合わせ,千代は小学4年生,翁は5年生,尉は6年生だそうです。平磯の三番叟は,歌舞伎のくまどりのような化粧と激しいお囃子が特長です。上の写真は,尉役の舞い手に面をつけるところです。世話役さんが,舞い手の子供の耳元でやさしくアドバイスをしていました(クリックで拡大)。舞い時間は全部で1時間ほどで,午後4時半ころ終了しました。

平磯での機材は,DX17-55/2.8G,VR70-200/2.8G,D300×2,SB-800×2,脚立でした。舞台は正面3方が開いていて,舞台ソデから撮影できます。ただ,四方に巡らせた低い注連縄と,左右に置かれた忌竹が大きな障害で,撮影にはこれらを回避する工夫が必要でした。舞い手と近いので,ストロボは軽くバウンスする程度で十分でした。アマチュアカメラマンは少なかったです。

忽戸,平磯とも,子供とは思えない熱演に感心しました。また,地元の皆さんが三番叟を楽しみにしていて,伝統を受け継ぐ子供たちを暖かく応援する姿がとても印象的でした。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/11

千倉(忽戸)の三番叟

南房総市千倉町に伝わる三番叟(さんばそう)を撮りに行きました。

能の「式三番」が郷土芸能化した豊作・豊漁祈願の行事で,千倉町では忽戸(こっと)の荒磯魚見根神社と平磯の諏訪神社で奉納されています。いずれも江戸後期から演じられ,昭和初期までは歌舞伎芝居も上演され,集落の娯楽になっていたようです。いつしか歌舞伎芝居がなくなり,今では三番叟だけが伝えられています。昭和45年,両地区を併せて「千倉の三番叟」として県無形民俗文化財に指定されました。

090711早朝,館山道経由で千倉町に入ります。まずは忽戸地区の荒磯魚見根神社へ。神社周辺は駐車スペースがなく,国道沿いの空き地に車を置き,機材を担いで神社へ戻ります。境内の芝居小屋では準備の真っ最中でした。
午前10時,地区の山車が到着。この日は千倉町全域の夏祭りで,この後町内を引き廻すそうです。午前11時ころ,地区の皆さんが見物にそぞろ集まってきます。

午前11時を過ぎ,いよいよ開演です。演目は,千歳の舞,翁の舞,三番叟の舞(直面の舞,千歳との問答,鈴の舞)の3つ。昔,飢饉の雨乞いに舞を奉納したところ,雨が降って救われたとの伝承から,忽戸の三番叟は「雨乞い」神事と云われています。
舞い手は,氏子の長男で小学生です。地元の人によれば,長男で両親が揃っていることが条件なので後継者選びが難しいそうです。舞い時間は全部で50分ほどで,正午ころ行事が終了しました。

忽戸での機材は,DX17-55/2.8G,VR70-200/2.8G,D300×2,脚立でした。舞台は逆光でやや暗め。ストロボを用意しなかったのは失敗で,やむなくISO800で撮影しました。舞台と近いので撮りやすく,アマチュアカメラマンも少ないので,脚立は不要でした。

次は,平磯地区の諏訪神社へ移動します。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »