« 日光・杉並木 | トップページ | 日光・逍遙園 »

2008/11/15

日光・神橋

日光市街を抜け,赤い神橋が見えると,東照宮はすぐそこです。

081115神橋は,奈良末期,霊峰二荒山頂に向かう勝道上人が大谷川の激流に阻まれて途方に暮れていた時,深砂大王が表れて二匹の蛇を橋としたのが始まりだそうです。
蛇橋を渡った上人は,無事山頂をきわめて二荒山神社の礎を築き,日光開山の祖となりました。

永く簡素な橋だったようですが,江戸期に二荒山に東照宮が造営されると,現在のように朱塗りの立派な橋になりました。同時に,将軍や勅使だけが渡る橋に格上げされ,一般用には隣に日光橋が架けられました。
なので,この橋は二荒山神社の橋なんですね。ずっと東照宮の橋だと思っていました。

国の重文&世界遺産に指定されていますから,通行は制限されています。渡橋料300円で通れますが,渡ってUターンして戻ってくる順路なので対岸には抜けられません。
眼下に流れる大谷川は,中禅寺湖から華厳の滝を落ちてきた清流です。

次は,紅葉を求めて,輪王寺の逍遙園へ向かいます。

| |

« 日光・杉並木 | トップページ | 日光・逍遙園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日光・神橋:

« 日光・杉並木 | トップページ | 日光・逍遙園 »