« 木更津・うまくたの路 | トップページ | 房総学検定 »

2008/10/19

AF-S DX ED 17-55mmF2.8G

D300の標準ズームレンズは,AF-S DX ED 17-55mmF2.8Gを使っています。

081019ニコンDXフォーマットの大口径標準ズームです。実画角は25.5mm~82.5mmで,私の常用域をほぼカバーするので,普段使いはこれ1本で困りません。

画質は,F2.8ではズーム全域で周辺部がやや甘く,F4~5.6に絞ると,一転してシャープな絵になります。
欠点は,大きさと重さです。マグネシウム合金のカッチリとした造りはいいのですが,重さは755gあります。D300と併せると1.5kgを超えます。フィルターサイズは77mm。さらに,巨大なフードが機材収納時に困ります。
カメラ雑誌では,大きさ,重さ&価格から,気軽にお薦めできないと評されることが多いようです。

個人的には,暗部の階調表現が豊かで,ツボにはまると驚くほど精緻な写りをするので気に入っています。
万人向けというよりも,じゃじゃ馬的な癖玉かも知れません。

(追記)2015年7月,FXシステムに入替えの際,中野のフジヤカメラに売却して手放しました。

| |

« 木更津・うまくたの路 | トップページ | 房総学検定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AF-S DX ED 17-55mmF2.8G:

« 木更津・うまくたの路 | トップページ | 房総学検定 »