« 初日の出 | トップページ | 匝瑳・小高のはだか参り »

2008/01/13

船橋・灯明台祭

船橋大神宮で行われた灯明台祭に行ってきました。

080113船橋大神宮に残る灯明台は,明治期に漁民の浄財で建てられた木造の灯台です。1度取材に来ていますが,点灯するのは,年1回,成人を祝うこの祭だけ。いつか点灯した灯明台を撮りたいと思っていました。

大渋滞に巻き込まれ,午後5時半ころ到着。すでに神主さんの神事は終わっていました。続いて点灯式。新成人の代表十数人が,一人ずつ点灯スイッチを押して,最後に灯明台が点灯します。当時は,石油ランプの灯が10km沖から見えたそうですが,今は強力なサーチライトが使われていました。
行事は,宮司さんや市長の挨拶の後,獅子舞や婦人会の踊り,最後に餅撒きがあって終了です。
境内には大漁旗が飾られて,人口57万人の大都市・船橋が漁村だった頃の面影を伝えていました。

今回は夜間なので,フラッシュとMFのAi 50mmF1.4Sメインで手持ち撮影しました。が,絞り開放近くを多用した上に,MFのピント合わせが追いつかず,ピンの甘いカットだらけでちょっとショック…。最近,AFで手ぶれ防止レンズなんぞ常用していたからでしょうか,反省しました。

| |

« 初日の出 | トップページ | 匝瑳・小高のはだか参り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 船橋・灯明台祭:

« 初日の出 | トップページ | 匝瑳・小高のはだか参り »