« ニコンD200 | トップページ | NY,あれから5年 »

2006/09/03

南房総・八犬伝めぐり

昔,NHKのテレビで見た「南総里見八犬伝」は,江戸後期の戯作者・滝沢馬琴による長編物語です。

20060903内容は,南房総に君臨した里見氏をモデルにしていますが,完全なフィクションです。でも,なぜか南房総の旧富山町や旧三芳村には,八犬伝ゆかりの史跡が残っています。

今回は,伏姫籠穴→八房誕生の地→滝田城址と回りました。急な山道が多く,足腰が痛くなりました。実際に籠穴や滝田城址を目の当たりにすると,フィクションが史実のように思えてきて,摩訶不思議な錯覚に陥りました。
記事は,ぐるり房総の「旧・富山町」と「旧・三芳村」の2回に分けて公開予定です。
(写真は,八房誕生の地で見つけた曼珠沙華。もう咲いていました。)

| |

« ニコンD200 | トップページ | NY,あれから5年 »

コメント

ぜんまいねずみさん、ごぶさたしています。

曼珠沙華、もう咲いているんですね。
こちらの大きな公園でも、咲いているかもしれません。
この週末に行ってみたいと思います。

投稿: s.fujino | 2006/09/14 00:23

s.fujinoさま,

コメントありがとうございます。
8月は本業が多忙で,ブログの更新も滞っておりました。

今年は長雨と秋の訪れが早くて,「あっ」という間に夏が終わってしまいました。
道端に咲いていたのは,この曼珠沙華1輪だけでしたが,そろそろ当地でも見ることができるかも知れません。

冷たい秋雨が続いていますが,スカッと秋晴れを期待したいですね。

投稿: ぜんまいねずみ | 2006/09/14 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南房総・八犬伝めぐり:

« ニコンD200 | トップページ | NY,あれから5年 »