« 黒部のトロッコ列車 | トップページ | ミノルタα-507si »

2005/09/24

立山アルペンルート

3000m級の山々が連なる立山黒部アルペンルート。今回は,「雲上の楽園」に紅葉を訪ねました。

kuro01アルペンルートには,富山側と長野側から入るルートがあります。今回は,長野側の扇沢から入り,アルペンルートの中心地,室堂(むろどう)まで往復しました。
扇沢(標高1433m)から,トロリーバスで大町トンネルを抜け,黒四ダムへ向かいます。暗いトンネルの中,破砕帯の難工事を伝える青いサイン灯が印象的でした。長いトンネルを抜けると,そこは黒四ダム。とてつもない大きさに圧倒されます。豪快な放水と周囲の絶景に歓声を上げながら,歩いて対岸に渡ると,すぐに黒部湖駅(標高1455m)。ここからケーブルカーでトンネルを黒部平(標高1828m)へ登ります。黒部平では,正面に立山連峰,後ろに後立山連山が一望できました。紅葉には少し早かったですが,あちこちでナナカマドが赤い実をつけてきれいでした。黒部平から,ロープウェーで大観峰(標高2316m)へ。さらにトロリーバスで立山の地中をトンネルで抜けると,いよいよ室堂(標高2450m)に到着です。

室堂では,立山(標高3015m)の雄大な山々と,みくりが池の鏡のような静けさに,しばし時間が経つのを忘れました。雷鳥に会えなかったのは残念でしたが,とても清々しい空気に身も心もリフレッシュしました。
下の写真は,黒四ダム(左)と,みくりが池(右)です。
kuro02 kuro03

室堂まで,乗換時間を入れると片道3時間ほどかかりました。下山したときは足が棒のようになっていて,日頃の運動不足を痛感しました。
雪が残るころに,ぜひもう一度訪れたいと思いました。

| |

« 黒部のトロッコ列車 | トップページ | ミノルタα-507si »

コメント

ぜんまいねずみさん、こんばんは。
画像、とても綺麗です!
残念ながら、私は、黒部・立山方面は行ったことがありません。
黒四ダムというと、黒部の太陽→石原裕次郎→小樽… と連想してしまいますが、それは遠慮しまして… 
明日は新聞がお休みで、今日の朝刊に2日分のテレビ欄がありました。
明日のプロジェクトXは、黒四ダムシリーズですね。

投稿: s.fujino | 2005/10/10 23:02

s.fujinoさん,コメントありがとうございます。
黒部・立山は,ずっと昔に修学旅行で行って以来でした(ダムしか記憶がありませんが…)。

「黒部の太陽」は,写真パネルが各所にありました。
この作品は,石原裕次郎が,後に最も力が入った作品だったと語ったとか。
小樽の裕次郎記念館にも展示があるかも知れませんね(行ってみようかなあ)。

明日のプロジェクトX,黒四ダムシリーズですね。危うく見逃すところでした。
どうもありがとうございました。

投稿: ぜんまいねずみ | 2005/10/10 23:35

昨夜のプロジェクトX(大町トンネル編),s.fujinoさんから教えていただき,見逃さずにすみました。

大町トンネルは,扇沢から黒四ダムまで通じるトンネルで,今ではトロリーバスが15分位で走り抜けてしまいます。
トンネルの途中に,「破砕帯」と表示された区間があって,バス内の案内テープでも簡単に紹介してくれましたが,あれほどの難工事だったとは…。

今度は,ぜひ「黒部の太陽」を借りて,じっくりと見たいと思いました。

投稿: ぜんまいねずみ | 2005/10/13 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立山アルペンルート:

« 黒部のトロッコ列車 | トップページ | ミノルタα-507si »